八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

飲酒運転許さない 条例制定10周年 

シンポジウムで意見発表した(右から)宮川君、國吉さん、伊良皆さん、松原さん=28日午後、石垣市民会館中ホール

シンポジウムで意見発表した(右から)宮川君、國吉さん、伊良皆さん、松原さん=28日午後、石垣市民会館中ホール

根絶宣言決議を採択 八重山地区大会

 沖縄県飲酒運転根絶条例制定10周年「飲酒運転しない させない ゆるさない」八重山地区大会(八重山地区交通安全協会主催)が28日午後、石垣市民会館中ホールで開かれ、参加者が飲酒運転の根絶を願った。また、「運転するなら酒は飲まない」「運転前夜の深酒はしない」など5項目を定めた飲酒運転根絶郡民宣言決議を採択した。シンポジウムでは4氏が登壇し、意見発表した。大会には関係者ら70人余が参加した。

 後半のシンポジウムでは、八重山高校2年で生活委員長の宮川航太君(高校生代表)、石垣市青年団協議会会長の國吉長朗さん(青年代表)、石垣市交通安全推進協議会の伊良皆高人さん(一般代表)、石垣市老人クラブ連合会元会長の松原秀吉さん(高齢者代表)が登壇。

 宮川君は自転車マナーの悪さを挙げ、「モラルの低さが原因」と位置付けて改善を呼び掛けた。國吉さんは飲酒運転をさせないために、車の利用を減らすよう提言。伊良皆さんは市民間で行う啓発活動の重要性を訴えた。松原さんは官民一体での飲酒運転根絶を求めた。

 主催者あいさつで辻野ヒロ子会長は、昨年の県内飲酒運転摘発が2222件と全国最多になっていることを紹介。「八重山地区でも増加傾向にあり、条例の趣旨が浸透していない」と現状を伝え、「県条例を再確認し、飲酒運転根絶を八重山地区から発信しよう」と呼び掛けた。

 八重山署の島尻重美署長は「歓楽街美崎町での検問徹底、幹線道路の警戒を徹底する」と方針を述べた。ことし8月末現在、同署管内での人身事故55件(前年同期60件)、飲酒がらみの事故は2件(同0件)発生している。

  • タグ: 飲酒運転根絶条例制定10周年飲酒運転
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム