八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

9日に関東地方に上陸し…

 9日に関東地方に上陸し1都6県で最大93万戸が停電するなど大きな被害を出した台風15号。上陸から19日で10日が経過するが、千葉県を中心に停電や断水が続き、住民生活が混乱している▼最大瞬間風速57・5㍍。千葉では観測史上1位の暴風で、多くの家屋で屋根瓦が飛ばされ、鉄塔や電柱が倒壊、断線。無数の倒木で作業が難航し、東京電力によると復旧は月末までずれ込みそうだという▼八重山過去に何度も大型台風被害を受け、毎回のように停電が発生。浄水場の停電で長時間断水が発生したこともある。先日は同クラスの台風が宮古島を直撃、2万世帯余が停電した▼だが、県内は比較的復旧が早い。家屋がRCコンクリート造りで、台風に対する備えもできている。これに対し、本土の民家などはこのクラスの台風を想定した構造になっていない所も多い。それが被害が拡大した要因の一つだろう▼被害家屋では瓦が飛んだ屋根をビニールシートで覆い、応急処置をしているが、高所ゆえの作業の難しさと人手不足で作業が思うように進まない現状があるようだ▼政府は今回の台風被害を激甚災害への指定を検討。18日から自衛隊も応援に入った。台風シーズンがまだ続く中、被害者に追い打ちがかからないよう、早めの復旧支援が必要だ。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム