八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

18年度市税徴収率97.4% 過去最高を記録

18年度石垣市税徴収状況

18年度石垣市税徴収状況

未収金も大幅に減少 石垣市納税課

 石垣市納税課(吉村安史課長)の市税徴収率は年々上昇しており、2018年度には現年度・滞納繰り越し合わせて97.4%の過去最高を記録した。滞納処分の強化で未収金は10年度の5億2978万円から1億4282万円に大幅に減少している。同課は、滞納に陥らないよう納期内納付の推進に力を入れている。

 市税は市民税、固定資産税、軽自動車税などで構成され、自主財源の根幹をなす。18年度の調定額は58億5509万円(前年度比3.3%増)で、57億419万円を徴収した。内訳は現年度分57億1956万円に対し56億3887万円、滞納分1億3552万円に対し6531万円。

 調定額は好調な観光を背景に増加傾向にあり、18年度分は10年度の49億6764万円から17.9%伸びている。  

 徴収率向上の取り組みとして09年度にクレジット納付、12年度にコンビニ納付を開始するなど納めやすい環境を整備。昨年11月からは、現年度分の納め忘れのある市民に「納め忘れはありませんか。どうかお早めに納付をお願い致します」と一斉ショートメールで納税を促している。

 滞納者に対しては家宅捜索、不動産公売などの滞納処分を強化。18年度は954件8665万円を差し押さえた。10年度からの累計は8447件10億9486万円となっている。

 監査委員は「近年の徴収率の向上は市民の納税意識の高さを象徴している。収納率の向上は行財政改革の重点事項であり、負担の公平と健全財政の確保のため取り組みが必要である」としている。

  • タグ: 石垣市納税課市税徴収率
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム