八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新100歳22人に頌状 石垣市

家族や中山義隆市長に囲まれ、記念写真に収める花城文さん(中央)=16日午前、石垣市字石垣の花城文さん宅

家族や中山義隆市長に囲まれ、記念写真に収める花城文さん(中央)=16日午前、石垣市字石垣の花城文さん宅

中山市長らが自宅訪問し贈呈

 敬老の日の16日、中山義隆石垣市長らが市内で新百歳を迎えた22人のうち7人の家庭を訪問し、内閣総理大臣と県知事からの祝い状をそれぞれ伝達、市からの頌状と記念品を贈呈した。このうち字石垣の花城文さん宅では0歳の孫を含む家族・親族が出迎え、花城さんは「ありがとう」と感謝の言葉を繰り返した。

 文さんは1920(大正9)年1月19日生まれ。八重山厚生園で介護職を務め、定年退職した。故・正助(せいじょ)さん(享年85)との間に子5人をもうけ、孫12人、ひ孫11人に囲まれている。

 中山市長は「一世紀にわたり、島の発展を支えてきた。元気でいることが家族、親族の幸せにつながる。ますます健康長寿で幸せに過ごしてほしい」と祝った。

 長男の正夫さん(72)は「人への気遣いがある。心が優しい」と慕う。文さん宅で介護をしている、次男・正治さん(66)の妻・洋子さん(64)は「何に対しても感謝の気持ちを持っており、介護していても楽しい」と目を潤ませた。

 石垣市内では100歳以上は38人、最高齢は107歳。

  • タグ: 石垣市百歳頌状
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム