八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

時期になると小欄にバナナの話を書くので…

 時期になると小欄にバナナの話を書くので専門家と勘違いした読者からバナナ栽培について助言を求められることがある。土づくり?肥料?水やり?こんな質問を受けても答えられないのが正直なところで、しいて名乗るなら島バナナの成長観察を趣味とするくいしんぼ▼10年ほど前、ある方から苗を頂き屋敷の片隅と目と鼻の先にある畑に植えたのが観察の始まり▼屋敷は石灰岩だらけの原野を業者が開削、土を混ぜて造成した土地。土地改良済みの畑は名のみで元の肥えた土は工事で運び出され、完工後引き渡されたのは出どころ不詳のやせた客土。サトウキビに向かず今は牧草地▼両所ともバナナに適した土地かは不明なまま植えて施肥なし、お天気任せの粗放栽培。四方を倉庫の壁や塀で囲まれた屋敷の方が大きく育ち幹も太く実つきもよく株も旺盛▼初実は色づくまで観察しようと粘ってみたが皮が破裂、カラスと盗人が失敬。その後は程よく丸まったら収穫し室内で熟を待つ。バナナは株で増えるが捨て置くと退化していく。株は選んで移植、樹も1本立て日当たりのいい方が実も大きく味もしまる▼それにしても、バナナで財を成した人がいないのはなぜだろう。樹が折れやすく4~5カ月かかる収穫が台風で台無しになる島の気象の所為かしらん。(仲間清隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム