八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

11社19社員を表彰 創立70周年で記念式典

米盛博明支部長(右)から永年会員表彰を受ける会員=12日夜、アートホテル石垣島

米盛博明支部長(右)から永年会員表彰を受ける会員=12日夜、アートホテル石垣島

県建設業協会八重山支部

 (一社)沖縄県建設業協会八重山支部(米盛博明支部長、加盟53社)は12日夜、石垣市内のホテルで創立70周年記念式典・祝賀会を開き、長年支部の発展に貢献した永年会員11社と社員19人を表彰した。式典には会員や関係者ら多数が出席、共に節目を祝うとともに、八重山建設業界のさらなる発展を願った。

 同支部は1949年に「八重山土木建築請負業組合」として設立。改称や組織改編を繰り返しながら2013年に現在の組織・名称に移行した。その間、郡内の幹線道路やダム、ほ場整備などの農業基盤、各種公共工事、民間施設、新石垣空港建設など、社会資本となる各種インフラ整備や、その維持管理を担い、八重山圏域発展に貢献してきた。

 式辞で米盛支部長は、70年にわたる支部の歴史を振り返りながら「先輩諸氏の努力には感謝しかない。『水を飲むとき、井戸を掘った人を忘れてはならない』との思い」と力を込めた。

 受賞者を代表して、感謝状を受けた第14代支部長の黒嶋克史氏が「名誉ある賞を受けられるのも先人方が敷いてくださったレールのおかげ。今後も社業、建設業界、地域の発展に寄与できるよう頑張りたい」と謝辞を述べた。

 中山義隆八重山市長会会長、宜野座葵県八重山事務所所長、下地米蔵県建設業協会会長も来賓祝辞を述べた。

 表彰されたのは次の皆さん。

 ▽歴代支部長感謝状=第14代・黒嶋克史▽会員歴60年以上=八重山興業㈱、㈲洲鎌組▽同50年以上=照屋建設㈱、㈲黒島組▽同40年以上=丸尾建設㈱、砂川土木㈲、㈱大晃▽同30年以上=㈱一廣工業、崎原建設㈱、㈲真和建設▽勤続40年以上社員=玉那覇有栄、大城康敬▽同20年以上=松川哲一、伊良部清、村吉孝夫、柴原孝佑、世持豊、玻座真敦、富川哲雄、平良佳伸、運天百合子、与那原剛、與那覇豊、知念利香、西原政洋、砂川三千枝、平川順、宮良修、根原史光

  • タグ: 沖縄県建設業協会八重山支部創立70周年
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム