八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

自然環境保全地域ウミショウブ藻場 網取湾で消失、崎山湾で減少 アオウミガメが採食

崎山湾・網取湾自然環境保全地域

崎山湾・網取湾自然環境保全地域

採食され減少したウミショウブの藻場(左)(東海大学沖縄地域研究センター提供)

西表島南西部 生態系への悪影響を懸念 環境省、採食防止へ

 【西表】南西部の崎山湾・網取湾自然環境保全地域で、海草「ウミショウブ」の藻場がアオウミガメの採食で消失・減少していることが分かった。環境省西表自然保護官事務所によると、網取湾ではすでに藻場が消失、崎山湾でも全体的に繁茂しているエリアがなくなっている。同事務所は、藻場を利用する魚類など生物の生息・産卵場所がなくなるとして生態系への悪影響を懸念、今年度にアオウミガメの採食防止対策に向けた計画を策定するなど対応に乗り出す。  網取湾では1974年時点で1936㌶の藻場があったが、13年には消失。崎山湾では2万3588㌶から13年には1万4477㌶にまで減り、14年以降も減少が進んだ結果、全体的に繁茂する海域がなくなっているという。

 西表島でのウミショウブの群落は干立・祖納、祖納漁港、美田良海岸、白浜港周辺、内離島、船浮湾、崎山湾にある。

 調査は、同事務所と東海大学沖縄地域研究センターが実施。アオウミガメの食性調査で消化管内からウミショウブが多量に出てきた。消化管内に残ったウミショウブの葉と採食された葉のどちらにもアオウミガメとみられる鋭利なかみ跡が見られた。

 近年、西側海域には若いアオウミガメが高い密度で生息。DNA解析から、海外から渡ってきたアオウミガメが大半を占めるという。15~17年にシュノーケルで崎山・網取湾のアオウミガメ個体数を調査した結果、崎山153個体、網取83個体を確認。18年に行ったドローン調査でも、崎山湾では約15分間(範囲1.4㌔)の飛行で31個体を発見した。

 同事務所の竹中康進上席保護官によると、カメに何度も採食されたウミショウブの株は枯れてしまい、藻場の面積は減っていく。「さまざまな要因のひとつ」と前置きした上で「藻場の減少で魚の種類や個体数も減っている」と指摘。アイゴ類、イシモチ類が減り、ハゼ類の割合が増える傾向にあるという。

 同事務所の調査で、塊状サンゴの周りのウミショウブが採食されていないことから「サンゴが障害になり、ウミショウブが食べにくいのでは」として、採食エリアの四方にくいを設置するなど人工的に障害物をつくる試験を17年に実施した結果、採食が軽減され、その後3カ月でウミショウブの株が回復し始めることが分かった。

 同事務所は試験結果を踏まえ、生態系の維持回復に向けた計画を策定し、ウミショウブの生育回復に取り組む。併せてアオウミガメとの共生方法も検討していく。  ウミショウブは、トチカガミ科の大型海草で葉の高さは約70㌢。寿命は約10年、環境省レッドリストで絶滅危惧Ⅱ類に指定。インド洋から西大平洋に分布し、八重山諸島が分布の最北端。 

 崎山・網取湾と周辺海域は、島固有のサンゴをはじめ大規模なサンゴ群集やウミショウブ、ウミジグサなどの海草藻場が広がる豊富な海中生物相を有する場所。海域として日本で唯一、自然環境保全地域に指定されている。

ウミショウブの群落面積の比較

※pdfファイルが別ウィンドウで開きます。

  • タグ: ウミショウブ環境省西表自然保護官事務所
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム