八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新聞記事には多面的に読まないといけない

 新聞記事には多面的に読まないといけないものがある。過日の「元夫に住所通知、DV被害者支援でミス、市と和解」。DVは家庭内暴力、ことに配偶者からの暴力を言うようで、昔からある別居の要因▼夫のDVから逃れて石垣へ移住した女性が住民基本台帳の一部の交付・閲覧を拒否制限できる法律に基づき支援措置を申し出た。ところが、お願いされた石垣市が前住所のある役所へその旨を通知しなかったため元夫に居場所を知られることになり、これでは安心して暮らせないと市を批判し訴え和解に至ったという記事▼今回の石垣市の和解は元夫のDVが明確だったことによる解決だと思うが、支援措置を受け付けるに当たっては、別居事由を前住所の役所を通して照会することも必要では▼というのも、配偶者への暴力、子どもへの虐待などの事実を確認しないまま役所が支援申し出を受け付けてしまうと、困ることが▼日本の別居は子どもを女性側で引き取り育てる事例も数多く、住所が不明だと養育費の分担義務のある夫は費用送達のみならず、子どもへの連絡も面会もできなくなってしまう▼協議別居ならともかく、ある日突然、理由もなしに子どもを連れての雲隠れ別居もある時代、それだけに支援措置の受け付け取り扱いはより慎重でありたい。(仲間清隆)  

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム