八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

1か月を切った。財務省以外、本当は誰も…

 1か月を切った。財務省以外、本当は誰も望まない消費税増税である。その財務省の大臣は、自分が年金をもらっているかどうか「記憶がない」「心配したことはない」と発言。さすが財閥生まれ、年金暮らしなど無縁だ▼「100年安心」の年金は財政検証の結果、安心できないことだけが分かった。経済成長率0%だと年金受給額が現役世代の5割を切り、現在20歳の若者は68歳9カ月まで働かないと受給水準を維持できない▼そもそも経済成長はあり得るか。世界経済は減速傾向が強まり、深刻化する米中貿易摩擦や日韓関係の悪化などが影を落とし、先行き不透明さが増す▼そんなさなかの日米貿易交渉大枠合意。中国が米国産農産物輸入を停止した結果、余った飼料用トウモロコシを数百億円規模で日本企業に購入させるという。どうせ多額の補助金を付けるのだろう。庶民の血税の行く末だ。F35など米国製兵器の大量購入に続く、トランプ氏ご機嫌伺いの「爆買い」▼国民の社会保障に充てるためという理屈が消費増税。商品や店、カードか否か。5段階の軽減税率に分かれ、ポイント還元やらキャッシュレス促進やら、何が何だか分からない▼はっきりと分かること。われら民の暮らしは、確実に厳しくなってゆく。これが「美しい国」か。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム