八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

結い心センター開所 避難所、交流施設を整備 

結い心センターが開所し、看板除幕式などが行われた=30日午後、大川

結い心センターが開所し、看板除幕式などが行われた=30日午後、大川

 石垣市福祉避難所兼ふれあい交流施設「結(ゆ)い心(くくる)センター」の開所式が30日午後、市内大川の同所で行われ、施設が供用開始された。災害時は高齢者や障がい者などの要援護者の避難場所、平常時は交流施設として運営される。

 開所式で中山義隆市長は「地域福祉の発展に大きく寄与するものと確信している」とあいさつ。市議会の平良秀之議長は、「一人一人が気持ちを合わせ、結びつける場所になってほしい」と「結い心」の名称にちなんで期待した。施設命名者の小林さゆりさん=登野城=には表彰状が贈られ、「(センターは)災害時にも安心できる存在。完成してうれしく思う」と話した。

 石垣市身体障がい者団体協議会の石垣里八会長は取材に対し、「障がい者、高齢者と地域の園児と触れ合うことが楽しみ。バリアフリーにもなっており、台風時にも避難できる素晴らしい建物だ」と述べた。

 同センターの敷地面積は1364平方㍍、建物は鉄筋コンクリート2階建てで、延べ床面積は1050平方㍍。2018年5月に着工した。多目的トイレは1階に4カ所、2階に2カ所あり、右まひ用と左まひ用を整備。駐車場は20台分完備、このうち4台は障がい者用として利用できる。

 設備は研修室5部屋、和室2部屋のほか調理室、シャワー室などがある。研修室などは有料だが、図書室や授乳室の利用は無料。開館時間は午前8時30分から午後9時30分まで。年末年始は休館日。施設は市福祉部福祉総務課が管理する。問い合わせは同センター(82ー4996)。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム