八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

那覇支局時代の2005年、石垣島で犬をめぐる…

 那覇支局時代の2005年、石垣島で犬をめぐるトラブルが相次いでいた。八重山保健所に捕獲された野犬や持ち込まれた犬は年間700頭余りいた。その8割が、飼い主が現れなかったり、譲渡先がみつからなかったりして本島に送り込まれていた▼そんな犬たちがその後、どうなっていくのか。知りたい、知らせたいと取材し、「捨てられた犬の行方を追う」と題して連載したことがある▼コンテナが立ち並ぶ那覇新港の一角に1㍍超四方の金網状のオリがぽつんと置かれていた。中に16頭の犬。ぎゅうぎゅう詰めで馬乗りのような姿勢の犬もいた。異臭が鼻を突く▼それからトラックに揺られること約40分。大里村の県動物愛護センターに移され、そこで処分を待つことに。収容から4日目、「炭酸ガスドリーム装置」に送り込まれた。丸い窓から中をのぞくと、助けを求めているかのような目。視線をそらしたくなった▼二酸化炭素の注入が始まると、口を上に大きく開けてもがく、もだえる。体が小刻みに震える。ほどなくしてピタッと動きが止まった。あの無残な姿が脳裏から離れない▼24日付1面で犬の殺処分が大幅に減少していると報じられた。行政や民間団体の取り組みの成果だと喜びたい。でも収容犬はいる。猫も多い。飼い主らは最期まで責任を。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム