八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

19年上半期 入域観客、空路で好調

香港デモ、下半期に懸念

 八重山事務所は28日、上半期の八重山入域観光客数をまとめ、公表した。観光客数、消費額ともに過去最高を更新。特に空路が好調で、香港路線は前年比で23・9%(3802人)増の1万9732人を記録。一方で、香港のデモが下半期に影響しないか懸念されている。

 19年上半期の国内路線は51万9152人で前年比9・1%(4万3452人)の増。海外路線は18万8782人で前年比9・7%(2万275人)の減となった。

 このうち、海外路線では香港エクスプレスが4月20日、週6便から週7便に増やした結果、前年比増となった。クルーズ船は昨年上半期と同じ69回寄港したが、10万㌧級の大型船が前年の18回から8回に減ったことで、16万5371人(前年比11・9%減)にとどまった。

 観光消費額(推計)が468億1000万円と過去最高を記録したことについて、同事務所は「空路が増え、客単価が高くなったことで消費額も増えている」と分析。海外路線については、「香港が心配。下半期に影響が出る可能性はある」と懸念した。

 上半期の島別入域観光客数は▽石垣島70万1813人(前年比103・6%)▽竹富島25万9067人(同104・5%)▽西表東部12万7781人(同102・1%)▽西表西部2万9126人(同94・1%)▽小浜島8万4236人(同102・3%)▽黒島1万849人(同88・3%)▽波照間島1万7512人(同100・2%)▽鳩間島2003人(同98・9%)▽新城島1509人(同128・9%)▽加屋真島448人(同59・7%)▽与那国島2万2949人(同97・8%)|の内訳。

 入域外国人客数は▽台湾3万9233人(同85・5%)▽香港1万5405人(同119・5%)▽マカオ695人(同271・5%)▽中国1万5342人(同480・5%)▽韓国118人(同6・9%)-など。

上半期の国内外路線

※pdfファイルが別ウィンドウで開きます。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム