八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

若いころは無謀なものである。東京で暮らし…

 若いころは無謀なものである。東京で暮らした学生の頃、仕送りを使い果たし、日々の食費に困ることが何度もあった。そんな時に助かったのは日給制のアルバイト▼ガードマンとは名ばかりの交通誘導員。渋滞を避けるため道路工事は原則として夜間に行われ、夜通し車両を誘導して1日6000円。3日も行けば半月楽に暮らせた。今にして思えば一晩立ちっ放し、ひもじくきついバイトは、いくらでも替えのきく使い捨て職種だったか▼石垣市が人手不足の実態調査にのりだす。飲食、宿泊、小売り、介護、建設といった職種で求人とのミスマッチが目立つ。観光が右肩上がりの好調で経済が拡大しているのに、好景気が市民の暮らしを潤していない▼最低賃金改定で沖縄県は時給790円になる。全国最低ランク、1000円を超える東京と大きな差だ。参院選のれいわ新選組は、「全国一律最低賃金」の主張が新鮮に響いた。現状では労働力が大都市へ流出し、地方は消滅していく▼石垣の新規求人平均賃金が上昇中。パート時給940円は東京に近い。この実態が最賃制度に反映されず、むしろ地域格差を固定しないか。れいわの主張が現実味を帯びる▼求人だけでなく既に在職する人も含めて底上げを。働く人ファースト。もはや替えがきく時代ではない。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム