八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

波照間島 ムシャーマで先祖供養

弥勒を先頭に豊漁豊作を祈願しながら歩く前組の行列「ミチサネ」=14日午前、波照間公民館前

弥勒を先頭に豊漁豊作を祈願しながら歩く前組の行列「ミチサネ」=14日午前、波照間公民館前

伝統の旧盆行事 住民総出でにぎわう

 【波照間】旧盆中日の14日、最大の祭祀(さいし)行事「ムシャーマ」が島を挙げて行われた。前組(前集落)、西組(冨嘉、名石集落)、東組(北、南集落)の5集落3組が、それぞれ弥勒を先頭に仮装行列「ミチサネ」で農作業や漁の様子を再現、子孫繁栄と豊漁豊作を祈願した。棒(ボー)や太鼓(テーク)、舞踊や念仏踊り(ニンブチャー)など多彩な奉納で先祖を供養した。  島は、伝統芸能を堪能しようと訪れた観光客や関係者らであふれた。午前9時15分に前組、西組、東組の順に、ミチサネが各集落を出発。稲の収穫を再現するマミドーマ、精米作業を表す稲摺り(イニシリ)、豊漁を意味する魚釣りなどを披露しながら、波照間公民館を目指しにぎやかに練り歩いた。道化役のブーブザーが行列におどけたしぐさでいたずら、観客の笑いを誘った。  広場では「座の芸能」として島の青年らが「棒」、児童生徒らが「太鼓」を奉納した後、輪になってニンブチャーを踊った。午後からは広場の舞台で奉納があり、総勢約170人が出演した。東組がコームッサ、西組がシーシン棒など伝統芸能を披露したほか、一番狂言(コンギ)で笑いを誘った。  仲底克彦館長は「台風の影響と人手不足により、各村とも準備には大変苦労したと思う。今後ムシャーマを継続するためには、郷友会の皆さまの協力がさらに必要になる」と結束を呼び掛けた。  北集落の女性(90)は「幼い頃からずっと見ているムシャーマ。昔から変わらない」と顔をほころばせ、「孫やひ孫にもずっと続けてほしいが、県外に住んでいる子もいるので仕方ない面もある」と複雑な心境をのぞかせた。

  • タグ: ムシャーマ波照間島
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム