八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

国内では先の台風8号に続き、台風9号、…

 国内では先の台風8号に続き、台風9号、台風10号が相次いで発生。9号は八重山地方、10号は本州向け進路を取っている▼7日午後6時時点、9号は石垣島の南東の海上を北北西に進んでいる。一方10号は日本の南海上の小笠原近海にあり、四国方面に進んでいる。いずれも発生からしばらくは右へ左へと、迷走気味だ▼この状況は二つの熱帯低気圧が接近した場合、それらが干渉して通常とは異なる進路を取る現象「藤原効果(ふじわらこうか)」とも目されている。石垣島地方気象台は二つの台風が距離が離れているため、同効果とは見ていないが、可能性は否定できない▼9号は8日昼すぎから9日にかけ、八重山地方に非常に強い勢力でかなり接近する見通し。10号は12日以降に本土に上陸する恐れがあり、お盆の帰省などに影響が及ぶことは避けられそうにない▼台風9号の接近に伴い八重山地方は8日、石垣と離島を結ぶ離島航路、南ぬ島石垣空港、与那国空港を発着する全便の欠航が決まっている。9日も大きな影響が出そうだ▼八重山では昔から「ソーロン台風は勢力が強い」と言われており、今回の二つの台風の被害が気がかりだ。こと9号は石垣島地方直撃の恐れもある。被害を抑えるためにも進路への注意と万全な対策が必要だろう。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム