八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

利活用計画を策定 放置パレット処理など実施へ

荷物を運ぶ際の土台として使用されるパレット=4日午後、黒島港

荷物を運ぶ際の土台として使用されるパレット=4日午後、黒島港

竹富町内港湾・漁港

 竹富町は、町内の港湾・漁港施設が持つ機能を将来さらに有効活用するため、港湾・漁港施設等利活用計画を策定した。10港湾、3漁港で2018年度に行った実態調査を基に課題を抽出し、解決の活路を見いだしていく。計画の基本方針に沿い、今年度から放置パレットや放置船・放置車両の処理・管理などの実施に動きだす予定だ。

 町は昨年度、各港湾や漁港で▽基本情報収集▽船舶の入港・係留の実態把握▽貨物・荷揚げ状況▽乗降者数や種別▽施設などの維持管理状況▽トイレや駐車場などの施設利用▽防犯・防災の実態▽地域住民の要望―に関する調査を行った。

 この結果、荷物を運ぶ際の土台として使用される木製・プラスチック製のパレット、船舶の放置、老朽化した施設のメンテナンス、船揚げ場や係留施設の不足など、これまで各公民館から指摘されてきた課題が改めて浮き彫りになった。

 町は、計画で「持続的な管理の実施」「港湾・漁港施設の適正利用」「防災体制の充実」などを基本方針に9施策を打ち出している。

 港湾については事業者、地域住民、関係機関・団体、観光客など港湾利用者が順守すべき規則が定められていないため、今年度中に「(仮称)竹富町港湾管理条例」の制定を目指す。このほか防災拠点としての機能強化も図る考え。

  • タグ: 竹富町港湾・漁港施設等利活用計画
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム