八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

命のリレー3000回無事故 海保石垣航空基地 

第十一管区海上保安本部石垣航空基地の平原文基基地長(右)と保安官=1日、南の美ら花ホテルミヤヒラ

第十一管区海上保安本部石垣航空基地の平原文基基地長(右)と保安官=1日、南の美ら花ホテルミヤヒラ

関係機関 急患空輸の尽力に感謝

 離島から無事故による緊急患者3000回空輸の功績をたたえ、第十一管区海上保安本部石垣航空基地(平原文基基地長)、県立八重山病院(篠﨑裕子院長)、県立宮古病院(本永英治院長)、石垣市消防本部(大濵安久消防長)への謝恩会(県離島振興協議会主催)が1日午後、市内ホテルで開かれた。県や先島の関係者ら約100人が参加し、これまでの尽力に感謝した。

 同基地は1972年3月5日、西表島から1回目の空輸を実施して以来、これまで無事故で急患搬送業務にあたり、2019年2月25日に3000回目に達した。

 八重山、宮古の両県立病院は昼夜を問わず急患要請に対応。八重山病院の医師らが同基地のヘリコプターなどに添乗している。市消防本部は石垣島に運ばれた患者を市内病院に搬送。それぞれの機関のリレーで離島患者の命を守っている。

 石垣航空基地には県知事から、そのほかの機関には同協議会からそれぞれ感謝状が贈られた。

 平原基地長は「現場第一で業務を遂行する私たちにとっては、地域に貢献し、地域の皆さんに感謝されることはこれ以上ない喜び」と話し、「海上保安庁、消防、医療、行政が連携し、一つ一つ積み上げた成果。きょうここに集まった皆さまや幾人にも及ぶ諸先輩方の努力のたまもの。今後も、この制度が永続し、地域住民の方が安心して生活できるよう力を合わせていく」と力強く決意した。

 玉城デニー県知事は「離島における救急医療体制の整備は今なお大きな課題。このたび急患空輸が3000回に達し、この間、一度も事故を起こさなかったのは、隊員の皆さんの卓越した技量と日頃からの努力のたまもの。深く敬意を表する」と感謝した。

 同協議会長の外間守吉与那国町長、美ぎ島美しゃ市町村会会長の中山義隆石垣市長、西大舛髙旬竹富町長、第十一管区海上保安本部の葛西正記本部長、伊良皆光夫多良間村長らもあいさつした。

  • タグ: 海保石垣航空基地無事故3000回
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム