八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

18日付本紙に掲載された…

 18日付本紙に掲載された「中国語検定試験に合格」の記事で、合格者として取り上げられた八重山商工高校2年の片倉英智さん(16)。先月台北駅で開かれた「日本の観光・物産展2019」では中国語で八重山のPRをこなしていた。検定合格の報も納得というものである▽同展会場で、実は片倉さんは例外的な存在だった。会場には日本のほかの地域からも高校生が派遣されてきていたが、ほとんどが女子。八商工が会場で交流した岐阜商業高校の生徒たちもすべて女子で、片倉さんは「女子ばかりですね」と戸惑い気味に語っていた▽台湾に留学中の八重山出身者も圧倒的に女子が多い。男子は少数派で、18日付本紙が報じたように新良理輝さん(21)が自転車で台湾一周を達成するなど気を吐いている▽しかし、日本の政治は逆だ▽男女の候補者数をできるだけ同数とする「政治分野における男女共同参画の推進に関する法律」のもとで行われた今回の参院選。日本の政治が男性優位であればこそのこの法律だが、沖縄選挙区では4人の候補者がすべて男性だった▽政治の主人公は市井の人たちだ。そこに男女の区別はない。政治家の役割は黒子としてニーズを形にしていくことだ。当選した高良鉄美氏には人びとの声に偏りなく耳を傾けることを求めたい。(松田良孝)

 

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム