八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

いつだったか、「宿題のプリントが散らかって…

 いつだったか、「宿題のプリントが散らかっている。片付けなさい」と注意すると、親に見せるものだと手渡された。音読用のプリントで「次の文を読みましょう」とある▼「大量の粉をカップで量り、昼飯と夕飯の用意をする」。粉は小麦粉か。大量の粉を使って何をつくるのか。しかも昼食と夕食に。麺かパンか、お好み焼きか。かなりの粉物好き、とみた▼「大漁の旗をつけた漁船が魚を求めて航海する」。大漁旗は、帰港する際に港で待つ人に知らせるために掲げるものではなかったか。航海中だと、風の抵抗を受けて燃費が悪くならないか、はたまたポールが折れないか▼「3階建ての家の右側に強固な倉を建設する」。3階建てなのに倉を造るとは、よほどお宝の多い家なのか。強固にするからには代々引き継がれている大切な家宝があるのだろう。「老人とその孫は、小麦粉のふくろを倉庫にしまった」。倉庫に保管して大丈夫か。虫に食われないか▼疑問が湧いたり、突っ込みを入れたり。ちょっと引っかかってしまった。逆に、想像の翼が広がるなど、興味をかき立ててくれる内容でもある▼あれこれ言ったり聞いたりすると、「次から見せない」とへそを曲げそうだが、例文からいろんなことが学べそう。次からやんわり試してみるか。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム