八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

11月から実証実験開始 乗車、乗船券をスマホ決済

MaaS実証実験

MaaS実証実験

石垣市・竹富町、シームレス交通サービス

 石垣市、竹富町における離島船舶、バス、タクシーをシームレスにつなぐ新たな交通利用サービスの実証実験が2019年11月から20年2月まで実施される。公共交通の乗車・乗船券を電子チケット化し、スマートフォン決済を可能にすることで、利用者の利便性や公共交通分担率の向上につなげたい考えだ。9日、自治体や民間企業など7組織で構成する、八重山Mobility as a Service(MaaS)事業連携体が事業内容を発表した。

 八重山MaaSは、沖縄セルラーアグリ&マルシェのユーザーアプリ「沖縄CLIP」から目的地や利用したい公共交通を検索し、複数の交通手段の利用クーポンを電子チケットとして購入できる。乗車時、それぞれの場所に設置されたICチップ、QRコード認識用のパスチケットシールにスマホをかざし発券。乗務員に提示して乗車する。

 現時点で利用可能な交通機関は、市内と西表島のバス会社や市内タクシー会社のほか、石垣島と周辺離島を結ぶ船舶会社の計11事業者。事業開始までに商業、観光施設での利用クーポン提供体制を整え、スマホなどツール一つで交通手段、商業施設等の事前検索・予約・決済を可能にする。

 ターゲットは主に観光客だが、地元住民もアプリから電子チケットを購入し利用可能。ただ、船舶は竹富町の町民船賃負担軽減事業は適用外のため割引不可。

 実証実験の背景に、観光客の半分以上がレンタカーを利用し、公共交通の利用率が低い現状がある。また、チケット購入のキャッシュレス対応が十分でない点も、利用者が現金を持ち歩かなければならない要因として利便性の低下を招いている。

 実験を通して利用データの収集や分析を行い▽運行ルートの最適化▽需給コントロール▽相互送客キャンペーンーなどサービスに反映させる計画。

 今年度、八重山MaaSは国土交通省の「新モビリティサービス推進事業」の観光地型に選定された。沖縄セルラーが加盟事業者利用環境整備、JTB沖縄が交通・観光連携の旅行商品企画立案・提供・MaaS加盟事業者開拓、琉球銀行がキャッシュレス決済実現と加盟事業者開拓、八重山ビジターズビューローが観光施設連携強化、TIS(東京都新宿)がMaaSの基盤構築や実験全体をまとめる。石垣市、竹富町、沖縄総合事務局運輸部も参画する。

 利用可能な交通機関は次の通り。

 ▽船舶=八重山観光フェリー、安栄観光、石垣島ドリーム観光▽バス会社=東運輸、カリー観光、西表島交通▽タクシー=かびら観光交通、石垣島交通、川良山交通、東海交通、南西交通

  • タグ: 石垣市竹富町スマートフォン決済
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム