八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

梅雨が明け、陽の光がさんさんと照りつける。…

 梅雨が明け、陽の光がさんさんと照りつける。夏に向けて日増しに暑さが本格的になる小暑も過ぎ、連日の酷暑をみると八重山はまさに夏本番である▼今年も自然豊かな美しいコバルトブルーの海を求めて、国内外から多くの観光客が八重山を訪れている。休暇を利用して、家族らとリフレッシュする楽しい旅行の陰で心配されるのが水難事故である▼八重山では今年に入り、マリンレジャーによる死亡者が5人(6月30日現在)となり、過去5年間で最多となった。死因はいずれも溺死で、全員が県外在住者だった。シュノーケルの誤った使用による海水の誤飲が原因と思われる事故が3件もあった▼経験者によると、シュノーケルの操作はそんなに難しくないらしい。ただ海の美しさに夢中になり、その中にいるとは知らずに空気と一緒に海水を吸い込んで慌てる。早く何とかしなければと焦って気が動転、パニック状態に陥ることが怖いという▼石垣海上保安部は、管内の事故状況から「シュノーケルはレジャーの前に正しい練習を」と注意を喚起している。水難事故のほとんどは、ちょっとした不注意が原因で発生。これくらいは大丈夫という過信は禁物だ▼安全への飽くなき追求が、水難事故防止の基本であることを忘れず、八重山の夏を思い切り楽しんでほしい。(鬚川修)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム