八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

安里、高良氏の一騎打ちへ

辺野古新基地建設など争点 石垣島陸自配備対応も注目

 【那覇】21日投開票の第25回参院選は4日公示した。沖縄選挙区にはいずれも新人で、自民公認でシンバホールディングス前会長の安里繁信氏(49)=公明・維新推薦=、無所属で「オール沖縄」勢力が推す琉球大学名誉教授の高良鉄美氏(65)、NHKから国民を守る党公認で特別養護老人ホーム非常勤職員の磯山秀夫氏(72)、辺野古商工会理事の玉利朝輝氏(60)の4人が立候補した。安里、高良両氏の事実上の一騎打ちの公算。安里氏は浦添市、高良氏は名護市で行った出陣・出発式で第一声を放ち、17日間の選挙戦に突入した。(2、8面に関連)

 今選挙は安里氏と高良氏の激戦が予想されており、米軍普天間飛行場の名護市辺野古新基地建設問題や沖縄振興策などが争点。八重山では、石垣島の自衛隊配備問題への対応が注目される。

 選挙戦で安里氏は沖縄経済の振興発展や次期沖縄振興計画の策定、離島振興、子どもの貧困問題解決など、高良氏は辺野古新基地建設阻止や基地返還の促進、跡地利用、消費税増税反対、社会保障制度の拡充などを訴えていく。

 公示前から前哨戦を繰り広げ、石垣市に選対事務所を持つ安里、高良両氏は市内でも八重山の支援者らが気勢を上げ、広く支持を呼び掛けた。

 安里氏は西銘順志郎氏を選対本部長に国会議員や県議らが応援に駆け付け、初当選を目指して「沖縄の政治を前に進める」と意気込みを表明した。

 高良氏は照屋義実氏を選対本部長に後援会共同代表や参院議員の糸数慶子氏らの激励を受けながら「平和の1議席を守り抜く」あいさつした。

 県選管によると3日時点の県内の有権者数は117万5944人。八重山郡内は石垣市3万9687人、竹富町3596人、与那国町1363人。

安里繁信(あさと・しげのぶ)。1969年10月7日生まれ。浦添市出身。早稲田大学大学院修了。シンバホールディングス前会長。

高良鉄美(たから・てつみ)。1954年1月15日生まれ。那覇市出身。九州大学大学院修了。琉球大学名誉教授。憲法学者。

磯山秀夫(いそやま・ひでお)。1947年1月22日生まれ。東京都新宿区出身。早稲田大学卒。老人福祉施設非常勤職員。

玉利朝輝(たまり・ともてる)。1959年1月15日生まれ。名護市出身。大阪商業大学卒。辺野古商工会理事。

  • タグ: 参院選
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム