八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「クロマグロ漁獲枠拡大を」 第2架橋など意見書5件可決

太平洋クロマグロの資源管理での漁獲枠の拡大を求める意見書が提案される最終本会議。全会一致で可決された=1日午前、本会議場

太平洋クロマグロの資源管理での漁獲枠の拡大を求める意見書が提案される最終本会議。全会一致で可決された=1日午前、本会議場

石垣市議会最終本会議 辺野古、尖閣以外は全会一致

 6月定例石垣市議会(平良秀之議長)は1日、太平洋クロマグロの資源管理での漁獲枠の拡大、石垣港新港地区への第2架橋早期事業化、米軍普天間飛行場の辺野古移設促進、尖閣諸島での漁業支援施設の整備、北朝鮮による日本人拉致問題の早期解決を求める意見書案5件を可決した。クロマグロ管理では先島枠の創設も要望している。関係機関に要請活動を行うため議員派遣も承認した。全議員での要請を検討する。辺野古、尖閣諸島に関する意見書以外は全会一致。

 クロマグロ管理をめぐる意見書は、箕底用一氏の提案。地元業者の理解が十分に得られないまま国内の資源管理措置が実行されたと指摘し、今期水揚げが219本(前年比168本減)、約45㌧(同26㌧減)となったことから「漁業者所得の減、鮮魚店の経営圧迫など関係者の生計を脅かす事態となった」とした。

 その上で八漁協所属のはえ縄漁船21隻、集魚灯23隻、ひき縄49隻の漁業者の経営安定を図るため▽知事管理漁獲枠の拡大▽対象漁業者への所得補償▽先島枠の設置一などを求めている。先島枠については「日中漁業協定や日台漁業取り決めで多くの負担を強いられている状況」を理由に挙げた。

 第2架橋について「クルーズ船用岸壁の段階的供用開始、エネルギー施設の移転、クルーズ船用岸壁背後地が今後整備されていくことから、新港地区への人や車の往来が急増している」としてその必要性を強調している。砥板芳行氏の提案。

 辺野古移設促進意見書は「沖縄に関する特別行動委員会合意に基づき、名護市辺野古地区キャンプシュワブへの移転統合が、普天間飛行場の一日も早い危険性除去の方法であると心から確信している」とした。長山家康氏の提出。野党は反発した。

 尖閣諸島に関する意見書は、警戒監視体制の強化と漁業支援施設の整備を求める内容。友寄永三氏が提案したが、野党側は施設整備に反対した。

 拉致問題の早期解決意見書は石垣亨氏の提案。

  • タグ: 定例石垣市議会クロマグロ漁獲枠拡大
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム