八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

親子連れ、歌い楽しむ 童謡の日コンサート

ダンスやコーラスに加わり童謡の日を楽しむ子どもたち=1日夕、バンナ公園南口管理棟

ダンスやコーラスに加わり童謡の日を楽しむ子どもたち=1日夕、バンナ公園南口管理棟

コーラスグループまみーず

 7月1日の「童謡の日」に合わせて、バンナ公園南口管理棟で「まみーずの第13回童謡の日コンサート」が開催された。集まった親子連れなど約100人は、市内のコーラスグループまみーずと一緒に童謡を歌い、楽しんだ。

 童謡の日は、1918年7月1日に童話・童謡を扱った児童雑誌「赤い鳥」が創刊されたことに由来し、日本童謡協会が84年に制定。童謡を日本の文化遺産として保存し、周知を図ろうとイベントが開催されている。

 コンサートでは「どんぐりころころ」「かわいいさかなやさん」など18曲を披露。まみーずの美しい歌声に誘われ、昔を懐かしそうに口ずさむ大人や元気よく歌う子どもの姿があった。

 このほか、歌って踊れる曲パプリカでは、子どもたちがダンスやコーラスに加わり合唱。パネルシアター「3匹のやぎのがらがらどん」も人気を集めた。

 小学1年生の時から毎年楽しみに訪れている後原史武君(11)=宮良小6年=は「毎年、曲のバリエーションが増えこの日が待ち遠しい。ももたろうの歌が楽しかった」とうれしそうに話した。

  • タグ: まみーず童謡の日コンサート
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム