八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

何たる言いぐさだろう。普天間飛行場を

 何たる言いぐさだろう。普天間飛行場をめぐるトランプ大統領発言である。「世界で最も危険な基地」普天間返還について、米国からの土地収奪とみなし日本に金銭的補償を求める考えという。そもそも普天間飛行場は戦中、住民が避難、収容されている間に、米軍が土地を強制接収して造った▼大統領発言は、日米安保体制をてこに通商交渉を優位に運ぼうという「トランプ流交渉術」との観測がある一方で、安保条約の片務性に不満と伝えられる。「米国が攻撃されたとき日本はそれをソニーのテレビで見ていられる」がそれ▼G20終了後の記者会見では「条約は不公平。破棄しないが変える必要があると何度も安倍首相に伝えている」と明言した。ばれた▼「日米のかつてない強固な絆」を誇る安倍首相は常々、そんな脅迫まがいのことを言われ続けていたのか。どおりでオスプレイやF35、陸上イージスアショアなど兵器を爆買いしてたんだな▼その陸上イージスを配備する秋田と山口。北朝鮮と直線上で結ぶとハワイとグアムに至るという。米国防衛の適地というのが選定理由か▼大統領の言いぐさに向きあった政治がこれ。沖縄からは米国の独善と、日本の追従がよく見える。全国で、自分の問題として日米安保を考えるいい機会だ。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム