八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

最優秀は島仲さん(一般の部)と小池さん(子どもの部)

第18回竹富町デンサ節大会が開催され、情緒あふれる歌声を響かせる出場者ら=29日夜、中野わいわいホール

第18回竹富町デンサ節大会が開催され、情緒あふれる歌声を響かせる出場者ら=29日夜、中野わいわいホール

第18回竹富町デンサ節大会 誕生250年、26人がのど競う

 【西表】沖縄を代表する三大教訓歌の一つとして県内外で広く歌い親しまれている「デンサ節」を後世に継承する第18回竹富町デンサ節大会(竹富町民俗芸能連合保存会主催)が29日午後、中野わいわいホールで開催され、町内外から参加した26人がのどを競った結果、一般の部は島仲亜希さん(34)=黒島=、子どもの部は小池美寿々さん(9)=登野城小4年=がそれぞれ最優秀賞に輝いた。会場には約500人の聴衆が訪れ、情緒あふれる歌声に聞き入っていた。

 デンサ節は、1769年、故・宮良里賢氏が作詞作曲。ことしで誕生から250年の節目を迎える。

 子どもの部に参加した町内の小中学生らは堂々と歌声を披露。我島や地域を紹介したり、伝承される歌や文化を大切に思う気持ちを歌にのせた。

 一般の部では、各公民館代表や一般公募で選ばれた出場者らが独唱。一句終わるごとに会場から大きな拍手がわき起こった。

 同保存会の冨里保雄会長は「先人が残した貴重な文化を誇りに、子々孫々まで歌い継いでいこう」と主催者を代表してあいさつ。

 宮良氏の子孫、宮良家益茂姓第12代の宮良里芳さん(79)=登野城=は「今後も大会を継続してほしい」と喜んだ。

 西大舛髙旬町長のメッセージ、仲田森和教育長も激励の言葉を述べた。

 大会には、上原婦人会、西表民俗芸能保存会、上原小学校全児童が舞踊やアトラクションで花を添えたほか、特別ゲストで第1回東京デンサ節大会チャンピオンの岡田佳子さんもステージに立った。

 最優秀賞以外の受賞者は次の皆さん。

【一般】

 ▽優秀=上盛政秀▽優良=中井カンナ▽努力=本盛楓佳▽奨励=狩俣幸奈

【子ども】

 ▽優秀=鈴木虹▽優良=高松俊巴▽努力=本比田一朗▽奨励=吉本輝星、大浜来実、狩俣心羽、加勢本光、東小浜尚眞

  • タグ: デンサ節
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム