八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

戦没者24万人を追悼 参列者5100人が平和の祈り

焼香を行う参列者=23日午後、糸満市摩文仁の平和祈念公園

焼香を行う参列者=23日午後、糸満市摩文仁の平和祈念公園

戦後74年目の慰霊の日 玉城知事、辺野古移設の政府批判

 【糸満】戦後74年を迎えた「慰霊の日」の23日、県内各地で追悼式が行われ、沖縄は鎮魂の祈りに包まれた。沖縄戦の激戦地となった糸満市摩文仁にある平和祈念公園では24万人余の戦没者を追悼する「沖縄全戦没者追悼式」(県、県議会主催)が行われ、参列者5100人(主催者発表)が正午の時報に合わせて黙とうをささげ、恒久平和を願った。午前中から大雨が降る中、本島各地の慰霊の塔でも追悼行事などが行われ、鎮魂と平和への祈りに包まれた。

 同公園では午前11時50分から追悼式が始まり、玉城デニー知事や安倍晋三首相、衆参両院議長らが献花台に花を手向けた。

 平和宣言で玉城知事はことし2月に行われた辺野古埋め立ての賛否を問う県民投票で多数が反対した結果を無視して工事を強行する政府の対応を「民主主義の正当な手続きを経て導き出された民意を尊重せず、地方自治をもないがしろにするもの」と強く批判。「県民の大多数の民意に寄り添い、辺野古が唯一との固定観念にとらわれず、県との対話による解決を強く要望する」と求めた。

 また「先人たちから脈々と受け継いだ、人を大切にする琉球文化を礎に、平和を希求する沖縄のチムグクルを世界に発信し平和の大切さを正しく次世代に伝えていくことで、国際社会とともに恒久平和の実現に貢献する役割を果たしていく」と決意を述べた。

 県遺族連合会の宮城篤正会長は「今日の平和と繁栄は戦没者の尊い礎の上に築かれたものであることを私たち国民は忘れてはいけない。米軍基地の7割以上が集中し、事件事故が後を絶たない状況が一日も早く解消されることを強く願う」と訴えた。

 安倍首相は「戦争の惨禍を二度と繰り返さない。平和で希望に満ちあふれる新たな時代を創り上げることに普段の努力を重ねていくことをみ霊に誓う」と強調。基地負担については「沖縄の方々には永きにわたり、大きな負担を担っていただいている。政府として一つ一つ確実に、結果を出していく」と述べた。

 糸満市立兼城小学校6年の山内玲奈さんは平和の詩「本当の幸せ」を朗読した。

 会場内で配布された冊子には、第29回「児童・生徒の平和メッセージ」の作文部門で最優秀賞に選ばれた白保中2年の豊里亮太君の「青空を見せたい」が掲載された。

  • タグ: 慰霊の日
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム