八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

先日、西表島上原地区で交通事故に遭い…

 先日、西表島上原地区で交通事故に遭い、リハビリを終えた国の特別天然記念物カンムリワシが、保護現場近くで放鳥された。放鳥はことしに入って2羽目だ。左足に目印の「0」が刻印されたリングを装着しており、見かけた人は西表野生生物保護センターに連絡を▼それにしても貴重な動物の輪禍が後を絶たない。昨年、カンムリワシは石垣島で9件、西表島で6件、交通事故に遭い、両島とも1羽ずつを除き死んでいる▼環境省によるとカンムリワシの推定個体数は約200羽(2011年調査)。その1割近い個体が死んだことになる▼一方、約100匹が西表島で生息するイリオモテヤマネコも昨年、過去最多の9件の交通事故が発生、6件で個体が死に、非常事態宣言が発令される事態になっている▼JTEF西表島支部やまねこパトロールが同島で実施した車両の速度調査で自家用車の75%、ツアー・送迎車の60%が制限速度オーバーとの結果が出ている。石垣島でも同様な結果が出る可能性がある▼観光入域客の増加でレンタカーを含めた車両が増える中、貴重動物の事故防止は車を運転するドライバーの注意にかかっている。西表や石垣島の郊外を運転する際は、道路上のカンムリワシなどを常に意識し、法定速度を守った運転が求められよう。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム