八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

障がい者の自立支援 「はらぺこポケット」パン工房オープン

オープンしたパン工房「はらぺこポケット」で運営を担う八重山育成園の職員や利用者ら=18日午前、石垣市大川の同工房

オープンしたパン工房「はらぺこポケット」で運営を担う八重山育成園の職員や利用者ら=18日午前、石垣市大川の同工房

多機能型事業所八重山育成園

 社会福祉法人若夏会多機能型事業所八重山育成園(東金城達三施設長)が運営するパン工房「はらぺこポケット」が18日、シード線沿いの旧八重山病院近くにオープンした。昨年4月、みやぎ米屋㈱(宮城隆代表取締役)からパン製造用機器を譲り受け、開業に向けて準備を進めてきた。開店時刻の午前10時前にセレモニーを行い、工房の運営スタッフとなる同園の職員や利用者、関係者らが念願のオープンを祝った。

 パン工房は、就労継続支援B型事業所である園の利用者に支払う工賃の引き上げのほか、若者が将来自立して働ける場所をつくる狙いもある。

 店名は園の職員から募集し、「はらぺこさんのポケットにパンの数だけ笑顔があふれるように」とするテーマに決定した。

 工房運営は、パンの製造スタッフを担う園の職員3人と、店頭販売クルーとなる利用者3人でスタート。園の鶏舎で生産される新鮮な卵を使用し、将来的に30種類の販売を目指す。

 パン製造に必要な設備は、昨年1月に事業整理のため米飯弁当や米粉パン調理販売の「デリ&ベイカリーおいしょうり」を閉店したみやぎ米屋㈱が、不用となった厨房(ちゅうぼう)機器のオーブン、生地発酵機、ミキサーの計3台を無償譲渡した。

 セレモニーでみやぎ米屋の宮城智一常務取締役は、1年ぶりに譲渡したパン製造機と再会し「食べる人が笑顔になるよう一緒に頑張りたい」と感慨深げ。

 東金城施設長は「地域に支えられて、やっとこの日が来た。地域に愛される街のパン屋さんを目指したい」と喜び、チーフでパン製造技能士1級資格者の荻堂健太郎さんは「利用者に新しい可能性を与えられるだけでなく、若い子たちが目指して働きたくなるような場所にしたい」と抱負を語った。

  • タグ: はらぺこポケット八重山育成園
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム