八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

親子で歯の健康考える 60個人1家族を表彰

ブラッシング体験を行う親子。正しい歯磨きの方法を学んだ=8日午後、石垣市健康福祉センター

ブラッシング体験を行う親子。正しい歯磨きの方法を学んだ=8日午後、石垣市健康福祉センター

第42回デンタルフェア

 第42回デンタルフェア(主催・八重山地区歯科医師会、石垣市)が8日、石垣市健康福祉センターで開かれた。歯科検診、虫歯予防フッ素塗布、口腔相談などのブースを設置、専門家が的確なアドバイスを行った。大勢の親子連れが来場し、正しい歯磨きの方法を学んだ。60個人1家族が「よい歯」などと認められ、表彰を受けた。(9面に表彰受賞者)

 長男の壱悟ちゃん(4)らと来場した伊良波佐也加さん(41)=石垣=は、子どもとブラッシング体験。歯に赤色の染め出し液を塗って、いつも通りの歯磨きを行った。

 息子の歯磨きを確認した伊良波さんは「汚れが取れていると思っていたが、自力では取れていなかった。大人の仕上げ磨きが大事だと思った」と感想を述べた。

 会場には同フェア初となる舌圧測定器を導入。特殊な器具を舌の力でつぶして舌の筋力を測るもの。舌圧が低いと食べこぼしたり、むせたりするほか、つばなどの異物を肺に入れて炎症を起こす誤嚥(ごえん)性肺炎を起こすリスクもあるという。

 八重山地区歯科医師会の砂川和徳会長は「普段(無料検診に)来られない世代にも歯科治療の大切さを伝えたい。口は全身の疾患につながるので、予防や治療をすることを訴えたい」と話した。

 歯と口の健康週間は6月4日から10日まで。テーマは「いつまでも 続くけんこう 歯の力」

  • タグ: 歯の健康歯磨き
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム