八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山病院、放射線治療外来を開設 

県立八重山病院に初めて開設された放射線治療外来で診察を行う戸板孝文医師=4日午後、八重山病院

県立八重山病院に初めて開設された放射線治療外来で診察を行う戸板孝文医師=4日午後、八重山病院

毎月第1火曜日午後 専門の2医師が診察

 沖縄県立八重山病院(篠﨑裕子院長)は4日、がんの放射線治療外来を初めて開設した。毎月第1火曜日の午後、沖縄本島にある県立病院の専門医師が診察に当る。八重山病院に放射線治療の設備がないため、治療は従来通り本島の病院となるが、初診が可能になった。診察を通して放射線治療についての情報を提供し、患者を設備が整った本島でスムーズに受診できるようにする。

 月1回開設する外来は、県立中部病院の放射線治療センター長の戸板孝文医師と、放射線治療専門医の玉城稚奈医師の2人が交代で対応。診察し、放射線治療の適応と考えられる患者は本島の病院で、がんの種類や状態に応じて2週間~1カ月半、集中治療を行う。

 放射線治療は、がんの病巣部に集中的に放射線を照射するため、手術で切除することなく治療を行うことができる。

 これまで八重山でがんを治療するには、手術か薬物による化学療法が主な治療法だったが、選択肢の幅が広がった。

 初診察で来院した戸板医師は「八重山圏域で放射線治療を必要とするがん患者さんが、本島でスムーズに受診できるよう橋渡しをしたい。近年は治療法が進化し、県内でも受診する人が増えている。手術だけでなく、選択肢の一つとして前向きに考えてほしい」と呼び掛けた。

 平良美江副院長は「今後は、治療を終え島に戻った後も、副作用の症状に対してフォローできる態勢をつくっていきたい」と話した。

 受診は完全予約制。予約・問い合わせは、同病院地域連携室(87ー5557)。

  • タグ: 放射線治療外来沖縄県立八重山病院
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム