八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

放課後児クラブ開所 初の公設民営で石垣小に

石垣小学校放課後児童クラブの開所式に出席する児童と関係者ら=1日午前、石垣小学校

石垣小学校放課後児童クラブの開所式に出席する児童と関係者ら=1日午前、石垣小学校

 行政が設置し、民間事業者が運営する石垣市初の公設民営の放課後児童クラブは1日、石垣小学校(市原教孝校長)で開所した。市内には民設民営の学童が11カ所あり、今回で12カ所目。同校区内で初の学童クラブとなる。受託事業者の一般社団法人どんぐりの森(瀬長幸弘代表)が運営に当たり、支援員らスタッフ3人が保育を行う。同日現在、定員35人に対し12人が利用しており、随時募集を行う。

 体育倉庫として使用されていた利用可能教室を改修、エアコンを設置したり、床を張り替えたりした。倉庫は、市が別に設けた。

 開所式が同日午前10時から、利用する親子や関係者らが出席して行われ、川満誠一副市長は「安心して楽しく放課後を過ごせるよう地域と連携してみんなで育てよう」と中山義隆市長のあいさつを代読した。

 利用児童を代表して杉渕陽向君(2年)が「いろんなことを学んだり、たくさん遊んだりしたい」と期待した。

 石垣市学童保育連絡協議会の小底弘子会長も「やっとできてうれしく思う」と喜び、「行政や学校には次々と学校内で学童クラブを設置してほしい」と要望。瀬長代表は「保護者は安心して子育てができ、子どもには安心できる居場所が確保された。1小学校区に1学童施設という課題がようやく解決された」と述べた。

 同クラブは、就労・求職や出産・入院などの理由で昼間の養育ができない世帯の石垣小児童が対象。開所時間は授業日が午後2時半~7時、土曜や長期休業日が午前7時半~午後7時。月額の利用料7000円、おやつ代2000円、教材費300円。利用料については生活保護世帯やひとり親世帯などを対象に減免措置がある。

 申し込み・問い合わせは市子育て支援課(82ー1704)。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム