八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

産地協議会 空港で石垣産パインPR 

3種類のパインを試食する観光客ら。「おいしい」と満足していた=5月31日午後、南ぬ島石垣空港

3種類のパインを試食する観光客ら。「おいしい」と満足していた=5月31日午後、南ぬ島石垣空港

観光客「おいしい」と大好評

 石垣市パインアップル産地協議会(会長・天久朝仁石垣市農政経済課長)は5月31日、6月1日の「世界に誇る日本の夏の味覚 石垣島パインアップルの日」のプロモーションとして南ぬ島石垣空港で試食会を開いた。ボゴール、ソフトタッチ、ハワイ種のパインを用意、南国の甘酸っぱい香りを漂わせ、観光客らに「甘くておいしい」と大好評だった。

 パインの拠点産地を周知し、試食を通してブランド力を高めることを目的に、首都圏からの直行便到着時刻に合わせて実施した。石垣島産パインを使用した森永製菓のハイチュウも振る舞われた。

 セレモニーで川満誠一副市長が「石垣島産パインはどの産地より優れた品質と自負している。甘さ、酸味、濃くのバランスのとれたパインが生産された」と旬入り宣言。

 JAおきなわ八重山地区本部パインアップル生産部会の盛山信範部会長、同八重山地区営農振興センターの石垣信治センター長が「3種のパインは味の違いに特徴がある」などとPRした。

 栃木県から竹富島に通い続けているという加藤光子さん(65)は「ハワイは爽やかで柔らかい味、ボゴールはハワイ種とは香りが違う。ソフトタッチはせきが出るほど甘い。地元では外国産を食べることがあるが、味が全然ちがう。石垣産はおいしい」と大喜びだった。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム