八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣空港 25年の離島運航に感謝

ラストフライトのボーイング737ー400型機を見送るJTAの職員たち=26日午後、南ぬ島石垣空港(日本トランスオーシャン航空㈱八重山支社提供)

ラストフライトのボーイング737ー400型機を見送るJTAの職員たち=26日午後、南ぬ島石垣空港(日本トランスオーシャン航空㈱八重山支社提供)

JTA、B737-400型機が退役

 日本トランスオーシャン航空㈱(JTA、那覇市、丸川潔社長)は26日、ボーイング737|400型機(JA8995号機)の退役記念チャーターイベント「Thanks|400FinalTour」を開催し、ファン91人や関係者を乗せラストフライトを行った。県内離島を巡る遊覧飛行では南ぬ島石垣空港にも立ち寄り、JTA職員や乗客らが、約25年間にわたり県内の島々を結んだ航空機をねぎらい感謝した。

 400型機のフライトはこの日、那覇を出発し、与那国島周辺を遊覧して午後3時ごろ石垣空港に到着。運航時間約30分の間、JTA石垣空港職員が記念に作成した搭乗証明書を乗客に配布した。離陸の際、職員らは横断幕を広げ、手を振りながら航空機との別れを惜しんだ。

 JTAの同型機は1994年に国内で初めて導入。就航当時はスカイマンタの愛称で親しまれてきた。2016年から後継機の737|800へと機材変更が進み、400型全12機が800型に更新された。今回の航空機はJTAが所有する400型として最後の1機、今月いっぱいで退役する。

  • タグ: 石垣空港JTA
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム