八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

キャッシュレス化促進 石垣市観光交流協会

第56回通常総会で大松宏昭会長(左)のあいさつを聞く会員ら=23日夕、ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

第56回通常総会で大松宏昭会長(左)のあいさつを聞く会員ら=23日夕、ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

人材不足など課題山積

 一般社団法人石垣市観光交流協会(大松宏昭会長、332人)は23日夕、2019年度第56回通常総会を石垣市内ホテルで開き、3月の理事会で承認された事業計画などを報告した。今年度も誘客・広報・受け入れ対策・交流など観光と地域環境の各振興事業に取り組むほか、クレジット・電子マネー決済の端末導入などキャッシュレス化の取り組みを強化する。

 2018年の石垣市への入域観光客数は、台風の襲来や悪天候でキャンセルが相次いだクルーズ船の入客数が減少したが、空路が順調な伸びを示してカバー、136万9412人と前年比0・5%の微減となった。宿泊を伴う空路が伸びたことで、消費額は約940億円と同比9・4%アップした。

 大松会長は「入域客、消費額は新空港開港前の2倍になった。ただ、人材不足や二次交通など多くの問題が山積しており、行政や関係機関と連携して解決に取り組みたい。観光客のほか市民の満足度の向上にも取り組む必要がある」と強調した。

 事業計画には、誘客宣伝活動、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などによる情報発信、石垣島フィルムオフィスを活用した各メディアに対する取材協力、観光感謝のつどいの裾野拡大、美ら星マイスターガイド育成講座などを盛り込んだ。

 前年度に、琉球銀行とカード決済業務を提携してキャッシュレス化で観光業をサポートする取り組みを新たに開始しており、本年度はこれを加速させる考え。

 総会では、18年度損益計算書などを承認したほか、人事異動に伴い全日本空輸㈱石垣支店長の宮脇秀至、日本トランスオーシャン航空㈱八重山支社長の金城智子の2氏を理事に選任した。

 平良秀之市議会議長は祝辞で、万一の災害時に観光客を的確に避難・誘導できるよう防災知識・技術の向上に協力を求めた。

  • タグ: キャッシュレス化観光
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム