八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ハンセン病に理解ある古里に 石垣出身回復者3人が証言

先島での初開催に300人以上が来場した「第15回ハンセン病市民学会総会・交流集会in八重山・宮古」=18日午後、石垣市民会館中ホール

先島での初開催に300人以上が来場した「第15回ハンセン病市民学会総会・交流集会in八重山・宮古」=18日午後、石垣市民会館中ホール

市民学会総会八重山集会 啓発活動や支援訴える

 ハンセン病に関する差別や偏見を解消し、正しい知識と理解を広める目的で「第15回ハンセン病市民学会総会・交流集会in八重山・宮古」(同会主催、石垣市、宮古島市共催)の八重山集会が18日午後、石垣市民会館中ホールで開かれ、県内外から300人以上が参加した。先島での開催は初めて。集会テーマ「闇ぬ世から太陽の世へ」のもと、元石垣島在住の回復者3人がパネリストとして登壇し、体験談や胸の内を証言。古里八重山が回復者や家族、親戚にとって安心して生活できる地域になることを願い、啓発活動や支援の必要性を訴えた。

 登壇者は、石垣市出身の上野正子さん(92)、小中学校時代を石垣市で過ごした金城雅春さん(65)、市内新川出身の宮良正吉(せいきち)さん(73)。南山舎の上江洲儀正代表が進行を担当した。

 13歳のころ発病し、鹿児島県の国立療養所星塚敬愛園に入所した上野さんは、幼い頃の記憶を振り返り「八重山でハンセン病の人々を集落の外れに住まわせていたのを見た記憶がある。人から嫌われる怖い病気だと私も思っていた」と語り「正しい知識と理解が必要。理解ある八重山になってほしい」と強調した。

 沖縄本島の国立療養所沖縄愛楽園で自治会長を務めている金城さんは伊野田小学校、崎枝小中学校出身。回復者のほとんどが差別を恐れ、過去を隠して暮らしている現状に触れ「回復者の皆さんが出てこられるようになり、周囲が温かく迎えてくれれば、もっと楽しい人生になる」と語った。

 関西退所者いちょうの会会長として啓発活動に取り組んでいる宮良さんは、小学4年生の頃に発病し、島を出なければならなかった。ハンセン病患者隔離政策として行われた「無らい県運動」について「収容患者を人間として扱わなかったことを反省すべきだ」として、行政の謝罪を強く要求。また回復者や家族へ「支援者の会をつくり、励まし助け合うことも必要」と提言した。

 上野さんのめいの成底芳江さん(66)=那覇市=は学会後「おばが古里でこうして話ができるようになり、本当にうれしい」と感慨をにじませ「早く、地域の回復者皆が安心できる所になってほしい」と願った。

 ハンセン病専門医である故光田健輔医師が八重山を訪れた際に撮影した映像の上映や、ハンセン病家族訴訟弁護団の徳田靖之弁護士による裁判の経過等に関する報告もあった。

 集会は市民学会が毎年開催するもので、ことしは宮古と石垣が初共催。宮古集会は19日に宮古島市マティダ市民劇場、20日に宮古南静園。

  • タグ: ハンセン病
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム