八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

生徒12人が学習成果を発表 八重山農林高校

八重山農林高校の第1回校内農業クラブ大会で優秀賞に輝いた左から嶺井ゆきの、與那覇和柾、中島まつり、向井那奈子、嶺井泰志、石垣智也さん=10日午前、同校体育館

八重山農林高校の第1回校内農業クラブ大会で優秀賞に輝いた左から嶺井ゆきの、與那覇和柾、中島まつり、向井那奈子、嶺井泰志、石垣智也さん=10日午前、同校体育館

第1回校内農業クラブ大会開催

 八重山農林高校(山城聡校長、250人)の「第1回校内農業クラブ大会」が10日午前、同校体育館で開かれ、12人の生徒が日頃の学習の成果を発表し、3分野各2人、計6人が優秀賞に選ばれた。後日、優秀賞受賞者から代表が選ばれ、6月27日から2日間、豊見城市立中央公民館で開かれる沖縄県学校農業クラブ連盟大会に出場する。

 同大会は、全国の農業学校で結成する「学校農業クラブ」の活動の一環。発表を通して農業や関連教科への理解を深め、発表力、社会性、科学性、指導力を身に付けてもらう目的。

 分野Ⅰ類「生産・流通・経営」で4人、分野Ⅱ類「開発・保全・創造」で3人、分野Ⅲ類「ヒューマンサービス」で5人が発表。発表者らは石垣島産コーヒー豆の活用や、将来の夢であるカウンセラー職と農業の関連、それぞれの進路などを約7分間の制限時間を使い、いきいきと発表した。

 審査委員長の多宇正登農場長は「体験が生きており、文章の構成もよい。科学的な視点を取り入れ、授業との関連付けをより深くし、進路を意識した取り組みに関する発表だとなお良い」と講評した。

 選抜済みのプロジェクト発表のリハーサルもあった。優秀者は次の通り。

 【分野Ⅰ類】

 ▽石垣智也(アグリフード科3年)▽嶺井泰志(フードプロデュース科3年) 【分野Ⅱ類】

 ▽向井那奈子(アグリフード科3年)▽中島まつり(フードプロデュース科2年)

 【分野Ⅲ類】

 ▽與那覇和柾(グリーンライフ科3年)▽嶺井ゆきの(フードプロデュース科2年)

  • タグ: 八重山農林高校農業
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム