八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

歌三線、太鼓の演舞楽しむ 令和記念の鳩間島音楽祭

加治工勇さん、大城孝夫さんらが「鳩間の港」で会場を盛り上げた=4日午後、鳩間島野外ステージ

加治工勇さん、大城孝夫さんらが「鳩間の港」で会場を盛り上げた=4日午後、鳩間島野外ステージ

ファンら800人、盛り上がる

 【鳩間】島最大のイベント「第22回鳩間島音楽祭」(同実行員会主催)が4日午後、鳩間島野外ステージで開催された。令和元年を記念した今回の音楽祭は、若手を中心に実行委を立ち上げ、島出身の歌手・かじくあつしさん、加治工勇さんなどが出演。人口約60人の島に約800人(主催者発表)が来場し、アーティストの歌や三線の音、勇壮な太鼓の演舞を楽しんだ。

 鳩間ブルーの広がる海を一望できるステージは、琉球國祭り太鼓八重山支部の演舞で幕を開け、かじくさんが歌う「大月」に合わせ太鼓を披露した。石垣在鳩間郷友会の舞踊や仲宗根豊さんの宮古民謡に会場から大きな拍手が沸くと、ナシル、金城弘美、ミヤギマモル、池田卓さんらも会場を盛り上げた。

 場内には飲食ブースも出店され、月桃チップを使用した鳩間島産薫製ナッツは人気を集め完売した。航空券やパイナップルなどの地元産品が当たる抽選会も来場者を楽しませた。

 フィナーレは、実行委員長を務める加治工さんらが登場。「鳩間の港」の軽快なリズムに観客は手を振りながら応え、最後のモーヤーで盛り上がりは最高潮に達した。

 島に住む大城安子さん(90)は「毎年、音楽祭の日は島が大きな花を咲かせたように盛り上がる。長生きしていて良かった」とうれしそうに話した。

 鳩間島音楽祭ファンの仲間で来場した橋誠一さん(54)=神奈川県=は「好きなアーティストも見ることができて良かった。抽選会でピーチパインが当たったので、妻へのお土産に持って帰りたい」と満足した様子。

 音楽祭は島の謡の継承発展と鳩間島を全国へ発信し、島に訪れる観光客らへ感謝することを目的としてゴールデンウイーク期間中に開かれている。ことしは令和初の音楽祭ということもあり、3日に前夜祭も開催。約400人が集まった。

  • タグ: 鳩間島音楽祭
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム