八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新天皇陛下が即位され…

 新天皇陛下が即位され、新元号「令和」が1日からスタートした。改元で祝賀ムードとなり、国内各地で時代の変わり目を祝う大勢の人々の様子がテレビで生中継され、朝の報道番組でも盛んに取り上げられた▼筆者は1日の早朝、改元後、初の日の出を撮るためバンナ公園に行き、自然の中で令和をスタートさせた。風が強く、もやがかかっていたが、鳥のさえずりがあちこちから聞こえ、荒んだ心が洗い流されるようなすがすがしい気分に▼肝心の日の出は、太陽が雲にかかって完全に姿を見せることはなかったが、31年前に平成の初日を名古屋のアパートの一室で迎えたのとは大違いで、石垣島ならではの環境の良さを実感した▼「令和」の時代に何を期待するのだろうか。市民からは「世界中が平和な時代」「紛争や災害が少ない時代」「人と人との付き合いがしっかりした時代」…さまざまな声が聞こえた▼国内では来年、東京五輪、パラ五輪が控える。石垣では今年こそは、入札不調で延び延びとなっている石垣市新庁舎や南ぬ島石垣空港国際線ターミナルの建設が始まるだろう。そうなれば好調な観光を背景に、しばらくは経済面の活況は期待できる▼ただ、経済発展の裏で市民や観光客が求める「癒やし」の環境が減っていくことは避けたいものだ。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム