八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

郡内各地に大勢の観光客 史上初のGW10連休

石垣島と各離島を結ぶ離島ターミナルは観光客であふれた=29日午後、離島ターミナル

石垣島と各離島を結ぶ離島ターミナルは観光客であふれた=29日午後、離島ターミナル

期間中前半、ホテルほぼ満室

 史上初のゴールデンウイーク10連休に伴い、郡内各地は多くの観光客でにぎわいを見せ始めている。例年に比べ予約の早期化が進み、29日時点で郡内のホテルも期間前半の5月3日までは、ほぼ満室の状況。市内のホテル関係者は予約状況について「例年と比べほぼ同じだが、ゴールデンウイークに入っても宿探しの問い合わせがあるのがことしの特徴。4日以降の後半は予約も落ち着いている」と話し、別の関係者は「後半は家でゆっくりする人が多いのでは」と指摘した。レンタカーは業者によっては増車などの対応にあたっているが既に満車状態。日本人客が増加し、5日までは空きのない状況だという。

 旅行代理店大手のHIS(本社・東京)によると最も人気のアクティビティはシュノーケリング(沖縄本島)で以降、体験ダイビング(同)、カヌー・カヤック(奄美大島)と続いた。5位には西表島でのSUPが入り、注目を集めた。

 出発日は4月29日が最も多く、例年より長めの滞在が増えているという。

 日本旅行(本社・東京)の調査では、前年同期比で沖縄への旅行者数が3倍に上昇し、平成から令和を旅先で過ごしたいという客も目立っている。

 航空会社各社は、下りが4月27〜29日、上りが5月2〜5日にピークを迎えるとしており、県八重山事務所によると観光入域は、昨年12月に8万6868人、ことし1月に9万6976人と同じ月の入域観光客数として過去最高を更新。2月も前年同月比13%増の9万7835と昨年末以降、好調に推移。ゴールデンウイークの期間中も多くの観光客が訪れるとみられる。

 石垣港離島ターミナルでは、午前中は離島を目指す客、午後は離島から戻る客で混雑しており、石垣島と西表島で2泊ずつするという兵庫県からきた家族連れの男性は「初めての八重山旅行。長期で休みが取れたのできれいな海を見ていやされたい」と笑顔で話した。

  • タグ: ゴールデンウイーク観光客
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム