八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「平成最後の〇○」のフレーズばかり聞いて

 「平成最後の〇○」のフレーズばかり聞いてきた。イベントも個人的な事柄さえ。特に「平成最後のエープリルフール」以後はプレミア感が加わった▼衆院沖縄3区補欠選挙は、屋良朝博さんの圧勝に終わった。相手はかつて沖縄担当大臣を務め、落選後も補佐官に指名されるなど安倍総理の覚えめでたい人。政権に突き付ける明らかな「NO」だ▼故翁長前知事が魂を削って叫び続けた辺野古新基地建設阻止。補選は知事選、県民投票に続く明確な意思表示だった。普天間は一刻も早く閉鎖すべきだ。でも基地負担を辺野古に押し付けるのは違う。心痛む「肝苦りさ」。これが沖縄の心▼その結果が「平成最後の民意無視」とは笑えぬ冗談。一夜明けて平然と続く辺野古の埋め立てに、普段沖縄に冷ややかな本土メディアさえも、さすがにその理不尽を伝えた。風は変わりつつある▼陸上イージスアショア配備で原田防衛副大臣は3月、秋田県の佐竹知事に「地元の理解を得ないまま工事に着手しない」と明言した。本土の民意は尊重され、沖縄のそれは無視される不条理▼「人々が美しく心を寄せ合うなかで文化が生まれ育つ」。安倍総理は「令和」をこう説明した。その「人々」に沖縄県民は入っているか。さらば平成。潮目は変わる。終わりの始まりは必ず来る。 (慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム