八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

地域の子は地域で守る 青色回転灯パト隊出発式

青色回転灯パトロールに出発する石垣市内の防犯団体=23日夜、八重山署駐車場

青色回転灯パトロールに出発する石垣市内の防犯団体=23日夜、八重山署駐車場

見守り活動の機運盛り上げ

 新年度開始にともなう青色回転灯パトロール隊出発式(八重山地区安全なまちづくり推進協議会主催)が23日午後、八重山署駐車場で開かれ、同パトロールを行っている石垣市内のPTAなど17防犯団体が「地域の子は地域で守る」の決意を新たにし、見守り活動の機運を高めた。

 青色回転灯パトロール隊とは、沖縄県警から認可を受けた防犯団体が、青色回転灯を自動車に装備し、地域をパトロールするもの。市内では各団体が児童生徒の下校時や、祭りなど子どもの気持ちが浮き立つイベントの夜などに実施し、子どもたちへ帰宅を促すなどの活動を展開している。

 式で同協議会長である中山義隆石垣市長(川満誠一副市長代読)が「青色回転灯パトロールは子どもたちの安全確保のために重要であり地域発展の基盤。市としても地域の安全を推進すべく、防犯カメラの設置拡充を図っていく」とあいさつ。市は2018年3月までに防犯カメラを美崎町に8基、学校周辺や通学路などに30基設置している。

 同署の島尻重美署長は「刑法犯認知件数は減少しているが、児童への声掛け事案は増加傾向にある。青色回転灯パトロールは地域の安心安全の醸成、犯罪未然防止に大きな効果がある」と述べ、より一層の協力、連携を促した。

 同活動は、沖縄県が推進する地域ぐるみの防犯活動「ちゅらさん運動」の一環であり、同協議会が運動をPRするマグネットシートを15団体へ贈呈。式後、各団体の青色回転灯車両が、各地域のパトロールへと出発した。

 平真小学校の小学2~6年生で結成する平真小マーチングバンドレインボーのアトラクションが式に花を添えた。

  • タグ: 青色回転灯パトロール隊
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム