八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「あなたはどこから来たのですか?」…

 「あなたはどこから来たのですか?」「台湾から来ました」。石垣島で中国語を話す外国人に尋ねているわけではない。台湾でのことである。台北から飛行機で1時間ほどのところにある澎湖諸島という島しょ地域で取材していて、こんなやりとりになった▼遠く外国に立ち位置を取ると、澎湖は紛れもなく台湾に含まれる。足場を台湾の内側に置くと、澎湖と台湾は時に別のエリアとして認識される。この関係性、どこかの地域と似ていませんか?そう、八重山である▼那覇へ向かうときに「沖縄へ行く」と言うし、与那国から石垣へ行くときには「八重山へ行く」とも。沖縄であって沖縄でなく、八重山であって八重山でない関係▼澎湖は90の島々からなり、島の数では八重山の3倍以上で、広さは3分の1ほど。主島の澎湖島など一部の島々は橋で結ばれ、その周辺の島との間を船が行き来する▼4月中旬の4日間、澎湖に滞在してみると、強い風が始終吹いていた。県庁所在地の馬公市を歩いていた時は、ビルの間を吹き抜ける強風にあおられ、思わず両脚を踏ん張った▼路線バスに揺られて村を訪ねると、風の痕跡が見つかった。畑の中を石積みで区切り、野菜を風から守っているのだ。濃い灰色のごつごつとした壁が続く風景もまた、八重山と似ていた。(松田良孝)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム