八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

電波塔設置など要請 西表島カヌー組合

西大舛髙旬町長へ要請する西表島カヌー組合の役員ら(右側)=18日午前、町長室

西大舛髙旬町長へ要請する西表島カヌー組合の役員ら(右側)=18日午前、町長室

駐車場拡張や道路整備計画

 

 西表島カヌー組合(金田克己組合長、37事業所)は18日午前、島内の自然環境を利用するツアー業者や一般観光客が急増していることから環境への負担、利用者のリスク、近隣農園への配慮など諸問題の解決を求め、竹富町に5項目の要請を行った。町は、西表西部ヒナイ川周辺の利用者が駐車するマーレー駐車場の拡張と駐車場までの未舗装道路整備の計画を明らかにした。

 町によると、既存のマーレー駐車場は駐車台数12台で、新たに24台駐車可能なスペースを設ける考え。併せて112㍍の未舗装路も整備する。町は、前年度に実施設計を終え、工事費の補助メニューを探している。部分的に数回に分けることも検討している。

 2015年に大見謝川で発生した水難事故の際、携帯電話の電波が入らず初動に支障が出たことを受け、同川周辺での携帯電話の電波塔設置について西大舛髙旬町長は「県や総務省にも改善するよう伝えている。世界自然遺産登録も予定されており、いざという時のことも考え、今後も訴えていく」と述べた。

 同組合によると現在、大見謝、ユツン、クーラ、白浜などでは携帯電話の電波が入らない場所がある。事故発生時、車で電波の入る場所に移動し、119番連絡をしなければならないという。

 このほかの要請は▽西表島カヌー組合に未加入事業所への加入の呼び掛け▽ピナイサーラの滝へのルート整備▽ストレッチャー、フロート保管場所の設置—の3項目。

 要請後、同組合はトイレットペーパー3万円分の目録を町に贈呈した。

 

  • タグ: 西表島カヌー組合
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム