八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

日本版DMOに登録 YVB

観光地域づくりを推進

 【那覇】地域と連携して観光地域づくりのかじ取り役を担う法人「日本版DMO」に、一般社団法人八重山ビジターズビューロー(会長・中山義隆石垣市長、YVB)がこのほど、登録された。県内では沖縄観光コンベンションビューローと北谷ツーリズムデザイン・ラボに続き3法人目。17日午後、内閣府沖縄総合事務局の定例記者会見で発表された。

 YVBは▽日本版DMOを中心に観光地域づくりを行うことについての多様な関係者の合意形成▽各種データ等の継続的な収集・分析、データなど明確なコンセプトに基づいた戦略(ブランディング)の策定、重要業績評価指標(KPI)の設定・PDCAサイクルの確立▽関係者が実施する観光関連事業と戦略の整合性に関する調整・仕組みづくり、プロモーション▽日本版DMOの組織▽安定的な運営資金の確保—の要件を満たし、3月29日付で登録された。

 複数の都道府県にまたがる地方ブロックレベルの「広域連携」、複数の地方公共団体にまたがる「地域連携」、単独市町村の「地域」の3区分あり、YVBは地域連携DMOとして認められた。

 同事務局は「登録法人と連携して事業を行う関係団体に対して関係省庁が連携して支援を行うことで、日本版DMOを核とした観光地域づくりを推進していく」と述べた。

 23日に石垣市役所市長室で認定証の交付式を予定している。

 【DMO】

 Destination Management/Marketing Organization)の頭文字の略。観光物件、自然、食、芸術・芸能、風習、風俗など当該地域にある観光資源に精通し、地域と協同して観光地域づくりを行う法人。

  • タグ: YVBDMO
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム