八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

2個人1団体に認定証 エコファーマー

エコファーマーの認定を受けた池村一輝さんと平井伯亨さん(左から)=16日午前、中野わいわいホール。同じく認定を受けた水野友樹さん(右端)=16日午後、仲間港ターミナル(県提供)

エコファーマーの認定を受けた池村一輝さんと平井伯亨さん(左から)=16日午前、中野わいわいホール。同じく認定を受けた水野友樹さん(右端)=16日午後、仲間港ターミナル(県提供)

環境に優しい農業推進

 【西表】環境に優しい農業を推進する「エコファーマー」の認定式が16日、竹富町西表島で行われ、同島西部の平井伯亨(のりゆき)さん、農業生産法人㈱農園ファイミール(池村一輝代表)、東部の水野友樹(ゆうき)さんの2個人1団体に沖縄県から認定証が交付された。

 認定は3月8日付。平井さんとファイミールはマンゴー、パイナップル、水野さんはパイナップルを栽培している。認定証交付式は西部は中野わいわいホール、東部は仲間港ターミナルで行われた。

 エコファーマーとは、「持続性の高い農業生産方式の導入に関する計画」の沖縄県知事認定を受けた農業者のことで、5カ年間の認定計画に基づき生産した農産物に、エコファーマーマークを付して販売することが可能で、信用性をPRすることができる。

 西部の平井さんと同農園の池村さんは、「今回の認定はスタート地点。西表の自然を守りながら、農産物の市場価値を高め、将来的にはオーガニック農家を目指したい」と意欲を語った。

 東部の水野さんは「西表島のパイナップルを初めて食べた時、そのおいしさに感動した。エコファーマーは自分自身のステップアップが第一の目的だったが、安心安全なパイナップルをお客さまにアピールできるのはうれしい。今後も環境に優しい農業を営んでいきたい」と話した。

 8日付で石垣市の新城正巳さん(マンゴー)も認定されている。認定式は5月の予定。

 八重山郡内では、8日付認定の4人を含め27人がエコファーマーとなっった。

  • タグ: エコファーマー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム