八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

社会全体が華やぐ4月。入学や入社のときを…

 社会全体が華やぐ4月。入学や入社のときを迎えた多くの若者たちが、力強く成長していくのを象徴する季節でもある▼社会人1年生にとっては、歓迎会や会合などで酒を飲む機会も多くなろう。上手に付き合ってこそ、日々の生活に潤いを与えてくれると思うのだが、八重山署管内でハイペースで発生している飲酒絡みの交通事故が気になる▼2018年に年間4件だった事故が、今年は今月3日時点で既に3件発生。さらに飲酒運転の検挙も増加傾向にあるという。前夜に深酒し、翌朝「酒は抜けただろう」と勝手に判断し車を運転。出勤時間帯の午前7時から9時までの検挙者が多いのが特徴▼飲酒運転の理由では「(酒量が)少ないから大丈夫と思った」「仕事で車が必要だった」「(警察に)捕まらないと思った」など飲酒運転への認識の甘さが際立つ。今回の原因分析を対策に生かすことが、事故防止への大きな力になるのではないか▼飲酒運転は、一瞬の心のスキが招く愚かな行為である。いったん、重大事故を起こしてしまうと悔やんでも悔やみきれない、人生で取り返しのつかない悲惨な結果が待ち構える▼築き上げてきた信頼や家族の未来を、酒によって失ってはならない。貴い人生のためにも飲酒運転は;走る凶器;にもなるという認識を一層深めたい。(鬚川修)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム