八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

来月創立20周年記念式典 実行委で記念事業確認

5月の記念式典に向けてあいさつする半嶺当友会長=13日午後、県総合福祉センター

5月の記念式典に向けてあいさつする半嶺当友会長=13日午後、県総合福祉センター

在沖八重山郷友会連合会

 【那覇】5月19日にマリエールオークパインで予定している創立20周年記念式典に向け、在沖八重山郷友会連合会(半嶺当友会長)は13日午後、沖縄県総合福祉センターで第5回記念事業実行委員会と第6回役員会を開き、半嶺会長が「『八重山は、一つ』の理念のもとに20周年の事業を成功させていきたい」と協力を求めた。

 記念事業として全島とぅばらーま大会を9月21日午後6時から浦添市てだこホールで計画。各村独特の歌い方を紹介する「村々のとぅばらーま」、平田大一氏の脚本・演出でとぅばらーま元歌の由来を演劇で紹介する創作劇「とぅばらーま由来紀」、小中高大学生など青年が歌う「若人たちのとぅばらーま」、市とぅばらーま大会の優勝者が歌う「名人たちのとぅばらーま」の4部構成を予定している。入場料は1800円に決まった。

  • タグ: 在沖八重山郷友会連合会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム