八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

入域観光客数が9万7835人 八重山2月期

前年同期比13・4%増

 県八重山事務所(宜野座葵所長)が発表した、2月の八重山入域観光客数が前年を1万1583人(13・4%)上回る、9万7835人と、同月として過去2番目を記録した。東京路線を中心に県外直行便が好調だったほか、クルーズ船の寄港が増え、全体を押し上げた。観光消費額は8億2000万円(14%)増の66億8000万円だった。

 県外路線は名古屋(中部)だけが前年比10・9%減の2613人にとどまったが、東京(羽田・成田)は19・9%増の2万1259人、大阪(関空・伊丹)は7・1%増の9273人となった。県外路線全体で19・6%増えて3万5083人が訪れた。

 観光客に乗り継ぎ便で利用される那覇路線は3・4%増えて3万9328人、宮古路線は6・9%減って2211人。

 海外空路は香港が13・8%増の1368人、台湾が4・7%減の389人。

 海路はクルーズ船の寄港が8回、1万7642人が訪れ、前年よりそれぞれ2回、3148人(21・7%)多かった。

 ことしに入っての累計観光客数は前年より2万2870人多い19万4811人となっている。

  • タグ: 入域観光客数
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム