八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

養殖モズク、生産大幅減 暖冬に見舞われ不作

不作傾向にある養殖モズク=6日午後、八重山漁協

不作傾向にある養殖モズク=6日午後、八重山漁協

八重山漁協管内 熟度早く漁業者痛手

 今期、養殖モズクは2018年(前期)に比べ生産量が大きく減少しそうだ。八重山漁協管内では、平年だとこれから5月にかけて最盛期を迎えるモズク漁だが、今期はモズクの生育が悪く、早々と収穫を終えた漁業者もいる。

  養殖モズクは前期、八重山全体で2318㌧と過去最高を記録したが、今期はその半分にも満たない可能性がある。漁業者は「昨シーズンが豊作だっただけに、ことしの不作は漁業者にとって痛手」と頭を抱える。 

 同漁協によると、暖冬に見舞われた今期はモズクの熟度が早く、収穫時期も従来の3月から2月下旬に前倒しされた。

 同漁協モズク養殖生産部会では加盟25グループのうち、最盛期を前に収穫を終えた漁業者もいる。漁業者の男性は(36)「モズクが短い状態で熟れるため、弱い根元から切れてしまい流され失敗している漁師も多い。短くても完熟する前に収穫しないと商品にならない」と不作に悩む。

 同漁協が取り扱ったモズクの水揚げ量は15年約300㌧、16年約500㌧、17年約700㌧、18年1200㌧と右肩上がりに上昇。今期、同漁協は併設する水産加工施設内のモズク処理機能を水揚げ2000㌧に対応するため改良。伸び率に期待を寄せていたが、減産となると厳しい現状だ。

 同漁協の友利邦明市場販売課長は「この調子だと漁協管内の水揚げ量は300㌧前後になるかもしれない」と険しい表情で話した。

 県もずく養殖業振興協議会によると、県内全域で高海水温や日照不足により、12月から3月に収穫する完熟前の「早摘みモズク」は不作傾向にあるという。これからピークを迎える太モズクの生産量拡大で挽回を図りたい考え。

  • タグ: 養殖モズク八重山漁協
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム